高架化に合わせて新しく生まれ変わる新潟駅を起点に、
地域やショク(食・職)文化の担い手と連携し、駅からはじまるまちづくりを進める

「新潟駅 N プロジェクト」。

プロジェクト名の“N”は、NIIGATAの頭文字であり、新しい新潟を起点に
新たな価値を創り(NEW)、次なる時代へ(NEXT)
という思いが込められています。

そして、2018年4月、「新潟駅 N プロジェクト」第一弾として
食文化発信拠点施設「CoCoLo 西 N+」がオープン。
新潟の新しい楽しみ方を提案していきます。

2018年09月28日 ● 

km-0 niigata lab監修の月替わりお弁当「新潟・庄内ガストロノミーボックス」発売!

新潟・庄内ガストロノミーボックス

「新潟県・庄内エリア プレデスティネーションキャンペーン」期間の連動企画として、10月1日(月)よりkm-0 niigata lab監修のお弁当を発売。 「新潟駅発。地域の旬を味わう味覚旅行」をテーマに、今回は羽越本線沿線地域にまつわるメニューや旬の食材を取り入れ、新潟駅から庄内方面へ旅をするイメージを表現しました。ひとつひとつ手作りのため、数量限定(ランチタイム)での販売となります。ぜひこの機会に、旬の味わいをお楽しみください。

http://www.jrniigata.co.jp/press/20180928niigatasyounaigasutoronomi-box.pdf

2018年07月18日 ● 

日本酒「新潟しゅぽっぽ」の『かき氷』を期間限定でご提供!

「新潟しゅぽっぽ」の『かき氷』調理イメージ「新潟しゅぽっぽ」の『かき氷』メニューイメージ

7月20日(金)・21日(土)の2日間、「km-0 niigata lab」にて日本酒「新潟しゅぽっぽ」を使用した“ここでしか食べられない”「新潟しゅぽっぽかき氷」を期間限定で提供します。 「新潟しゅぽっぽ」は、JR東日本新潟支社が地域連携プロジェクトのメンバーとともに作り上げたオリジナル日本酒で、農業法人(株)JR新潟ファームの酒米を使い県内の4蔵で醸した、同じ精米歩合、同じ名前の4種類の日本酒です。今回は、「今代司酒造」「越後鶴亀」の2蔵の日本酒と、旬の地場産フルーツを合わせたかき氷となっています。

http://www.jrniigata.co.jp/press/20180718niigatasyupoppo.pdf

2018年06月13日 ● 

新潟の食文化発信エリアにて『新潟 みそ・しょうゆ醸造まつり』を初開催!

新潟 みそ・しょうゆ醸造まつり メニューイメージ 新潟 みそ・しょうゆ醸造まつり ポスター

新潟の食文化のひとつ“発酵”について広く知っていただくために、6月16日(土)・17日(日)に新潟駅Nプロジェクト初の取り組みとして、ぽんしゅ館が新潟駅西側の食文化発信エリアで『新潟みそ・しょうゆ醸造まつり』を開催。県内の味噌と醤油、加工品の展示や試食、ワークショップやクイズラリーなどを実施します。

http://www.jrniigata.co.jp/press/20180613niigatamisosyoyujyozomatsuri.pdf

2018年04月26日 ● 

km-0 niigata labで、お米と日本酒の魅力を発信します!

km-0 料理人イメージ km-0 ライブキッチンの様子

JR東日本新潟支社は、“新潟駅Nプロジェクト”と題し、地域やショク(食・職)文化の担い手と連携し、新潟駅からはじまるまちづくりに取り組んでいます。 プロジェクトの第1弾となる食文化発信拠点施設「CoCoLo西N+」が4月15日にオープン。施設内「 km-0 niigata lab」では新潟の食文化を発信して、地域の生産者と料理人とのコラボレーションによるライブキッチン等を開催しています。 4月28日(土)からのゴールデンウィーク期間は、新潟のお米と日本酒を切り口としたイベントを開催します。

http://www.jrniigata.co.jp/press/kmzero.pdf

2018年04月10日 ● 

新潟駅高架駅第一期開業記念キャンペーンを行います。

NewDays コーヒー

2018年4月15日(日)、新潟駅は高架駅第一期開業を迎えます。高架駅第一期開業に合わせて、「NewDays」が新たにオープンし、開業キャンペーンを実施します。 また、新潟駅構内では、新潟駅高架駅第一期開業記念駅弁の販売や万代口でのイベントを開催し、JR東日本グループ一体となって新潟駅高架駅第一期開業を盛り上げていきます。 『新潟を、新型へ。』これから新しく生まれ変わっていく新潟駅をぜひ一緒にお楽しみください。

http://www.jrniigata.co.jp/press/20180410kaigyoucpn.pdf

2018年03月27日 ● 

新潟のショク(食・職)を発信する“新潟駅Nプロジェクト” はじまります!

CoCoLo西N+ ライブキッチンイメージ 新潟を新型へ ポスター

2018年4月15日(日)、新潟駅高架駅第一期開業に合わせて、食文化発信拠点施設「CoCoLo西N+(ココロニシエヌプラス)」がオープン! “新潟駅Nプロジェクト”と題し、本施設の開業を機に、地域やショク(食・職)文化の担い手と連携し、新潟駅からはじまるまちづくりにつなげていきます。 新潟の食文化と、そこに培われたものづくり(職)の魅力をここから発信。地域の生産者と料理人とのコラボレーションによるライブキッチンや、観光のお客さまに向けて食を通じたまちの楽しみ方を学ぶガイダンスの定期開催など、新潟市と連携してガストロノミーツーリズムを推進していきます。

http://www.jrniigata.co.jp/press/20180327niigataekiNpuroject.pdf

新潟県ってどんなところ?

日本のなかの、新潟県の位置

新潟駅からはじまる新潟うまいもの旅

ここに来なければ味わえない。 ここに来なければ味わえない。

噂のライブキッチン、キロメートルゼロ・ニイガタラボの楽しみ方

お客さんの前で料理を作り上げる「ライブキッチン」を開催!
キロメートルゼロ・ニイガタラボ 調理人とお客様の様子

国内生産量第1位のお米のほか、季節の野菜や果物などが豊富に揃う農業大国、新潟。こちらでは、それらの食材を用い、旬を意識した料理やスイーツを提供します。ディナータイムには、週ごとのテーマに合わせて様々な料理人と生産者が出演し、お客さんの前で料理を作り上げる「ライブキッチン」を開催!

プラス

匠の技から生まれた“ワンランク上”のイイもの大集合。 匠の技から生まれた“ワンランク上”のイイもの大集合。

ぽんしゅ館クラフトマンシップは普段使いの
キッチン、リビング、ステーショナリー等、欲しいモノいっぱい

地元で長年愛されてきたイイ道具、大切な人に贈りたくなるイイ道具が集結
ぽんしゅ館 クラフトマンシップ 店内の様子

新潟県央地域で製造が盛んな金属加工品をはじめ、ものづくりの街としても有名な新潟。ここには普段使いのイイ道具、地元で長年愛されてきたイイ道具、大切な人に贈りたくなるイイ道具が集結! 職人さんのトークや実演を通して「道具の声」をお届けします。新潟の匠の技が暮らしを彩ります。

プラス

何度でも訪れたい。新潟は旨いもの天国。何度でも訪れたい。新潟は旨いもの天国。

ぽんしゅ館コンプレックスで、お米やおかきを味わい尽くせ!!
新しい日本酒を味わうスタイルも提案

コシヒカリで握るおにぎりのほか、地酒と手作り惣菜が味わえる角打ちBar、そして新潟のご当地菓子が充実の品揃え
ぽんしゅ館 コンプレックス 米穀部 角打部 日本酒部 御菓子部 店内の様子

新潟の酒蔵数は国内最多。その数、約90蔵。「淡麗辛口」の酒造りをベースに、各蔵が個性あふれる商品を展開する。「新潟食の文化交流拠点」でもあるこちらは、コシヒカリで握るおにぎりのほか、地酒と手作り惣菜が味わえる角打ちBar、そして新潟のご当地菓子が充実の品揃え。

アクセスマップ
ページのトップへ戻る